履歴書健康状態欄の書き方(既往症・持病・良好)

履歴書の健康状態欄は記載内容に悩んでしまう項目の一つといえるでしょう。健康な状態であれば記載は簡単ですが、ちょっとした持病や関係なさそうな病気についてまで書く必要があるのか疑問に思う方も多いようです。そこでここでは健康状態欄の書き方や注意点についてご紹介します。

書類選考なし 無料合同企業選考会実施中【ウズウズカレッジ】

健康状態欄には何を書けばよいの?

健康状態欄の書き方は、会社の業務などに関連してきますので、採用担当者は非常に重要視しています。健康状態が業務に支障が起こる問題がないと判断できれば、一般的には、良好、又はきわめて良好と記入してください。軽度の病気とされている高血圧や腰痛などの生活習慣病は勤務や業務に影響が無いのであれば書く必要はありません。

また、前職の退職理由が病気や怪我などの起因である場合は、現在は回復又は治っています、など問題が無いような一言を付け加えると良いと思います。医師の診断書や意見を添えたりすると、採用担当者にとってもわかりやすいです。

書類選考なし 無料合同企業選考会実施中【ウズウズカレッジ】

既往症は隠さずに書くことが重要

応募先の業務の遂行に少しでも影響のある病気等については、事実を隠さず、はっきりと病状を書く必要がありますので注意してください。病気を隠して採用が決まってからでは遅すぎますし、社内の健康診断等で疾患が見つかってしまえば、会社にも迷惑がかかり、採用を取り消される場合もあります。

通院が必要な場合

勤務時間内などに通院が必要な人はその旨を明らかにしておくことが大事です。その際には、前職ではその分出勤してカバーしてきましたし、問題はありませんでした等の事実をしっかりと書く事も自分にとって大事な理由の一つです。

最近ではアレルギー等の病気も多いそうです。これらもまた、重要な事ですので、もし病院に通院している方や、お薬を飲んでいる方などいましたら、かかり付けの先生に相談して、診断書等を書いてもらうことが最善策です。

書類選考なし 無料合同企業選考会実施中【ウズウズカレッジ】

■免責事項
当サイトは、書類の書き方に関して管理人の経験・調査に基づいた情報を掲載しています。全てのページにおける記載内容について発生した事案については利用者の自己責任となり、当サイトのご利用による損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。