ボールペンのインクがかすれる原因と直す方法

ボールペンを使用していると急に書けなくなり困ったことはないでしょうか。ボールペンの芯はインクがペン先まできていると、インクが入っているのか分かりにくくなってしまいます。インクはまだ残っているのに文字が書けないというのには、いくつかの要因が挙げられます。ここではインクのかすれを直す方法をご紹介します。

書類選考なし 無料合同企業選考会実施中【ウズウズカレッジ】

インクが固まってしまう

食べ物に賞味期限があるように、インクにも使用期限が設けられています。ボールペンのインクの使用期限は約3年間となっており、長期間経つとインクに含まれている溶剤がとんでしまい固まってしまいます。こうなってしまうとかすれを直すことは難しいため、ボールペンはなるべく早いうちに使用することをお勧めします。

書類選考なし 無料合同企業選考会実施中【ウズウズカレッジ】

インクに空気が入ってしまう

インクに空気が入ったことにより、インクがかすれてしまうことがあります。下向きに使用している場合には、ペン先の先端にあるボールとインクが押され空気が入ることはありません。上向きや水平向きで使用すると、ボールの回転と共に空気が流れ込んでしまいます。このような場合にはボールペンをできるだけ早く回転させ、遠心力により空気を抜くことでかすれが直り、再び書けるようになります。

先端のボールが回転しない

ボールペンの先端にあるボールが、回転しないためにインクが出ないことがあります。かすれを直すにはティッシュを折り畳み、その上で試し書きをすると摩擦によりボールが動きやすくなります。温かくすると回り易くなるので、ペン先に息を吹きかけたり、ペン先を熱湯に入れたりすることでボールが動き書けるようになります。

筆記している時に引っ掛かりがあり、インクに濃淡ができることがあります。落としたりぶつけたりしてペン先に傷がついたことで起こるので、ペン先を突き刺したりしないよう注意しましょう。

書類選考なし 無料合同企業選考会実施中【ウズウズカレッジ】

■免責事項
当サイトは、書類の書き方に関して管理人の経験・調査に基づいた情報を掲載しています。全てのページにおける記載内容について発生した事案については利用者の自己責任となり、当サイトのご利用による損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。